一人暮らしで考えておきたいこととはなにか

お金のやりくりについて考える

一人暮らしをする場合、自分でその生活を成り立たせていかなくてはなりません。学生さんなどは仕送りとアルバイトで、社会人の方であれば給料の中でやりくりしていく必要があります。まずは自分の使えるお金がどの程度なのかを考えましょう。家賃や光熱費などの固定費を引くと、使えるお金が少なくなりがちです。しかし、それを増やすことは難しいですし、借金などをしては後で困ることになります。少ない中でもなんとかやりくりをして、収入の中におさめるようにしていきましょう。自炊をするときに安い食材でまとめて作り置きをしておくことや、無駄遣いの見直しなどをして、余裕を作れるようにしておきたいものです。

貯金をしておくことも忘れずに

単に収入の中に支出をおさえていくというだけではなく、少しでも余裕を作って貯金をしておくことも考えておきましょう。貯金があれば、急な病気などの際にも対応しやすくなります。また、友人の結婚式や急な不幸なども出てくるので、そういった時にご祝儀や香典をスムーズに出せるようにしておくことも大切です。

防犯面にも注意をしておこう

新しく一人暮らしを始める場合、特に防犯面には注意を払っておきましょう。他の人の目や助けてくれる人がいない事もあり、事件などに巻き込まれやすくなります。一人ということが分かると狙われやすくなるという事もあるので、洗濯物を複数人分出しておくなど一人暮らしだと悟られないようにすることも一つの工夫と言えます。ちょっとの外出でも鍵を閉めるなど、日ごろの生活でも気を付けていきましょう。

家具の家電のレンタルはセットプランが充実していますし、購入するよりも料金が安いので、単身者に便利です。