日本人ならではの挙式スタイル!神前式とは?会場選びのポイントは?

神前式ならではの特徴を知ろう

神様に二人の愛を誓う日本ならではの神前式。新郎新婦二人を記念するイメージが強い結婚式ですが、神前式は二人だけでなく家族同士の結びつきを深めるものでもあり、新郎新婦二人で執り行う儀式が多いのとともに両家の絆を表す儀式も盛り込まれているのが特徴です。伝統的な挙式で普段の生活ではなかなか味わうことのない日本の奥ゆかしさを実感できる上に、昔から存在している神社がなくなることはそうそうないため夫婦となってからもその記念の場所を何度でも訪れ思い出を増やしていけるのも嬉しいですね。

二人の理想の式が行える会場を探そう

神前式をしたいと思っても何をポイントに式場を決めたらいいのか迷いますよね。神前式は神社の他にホテルや結婚式場内の神殿でも行うことができ、新郎新婦二人の理想の雰囲気や直感から絞ることももちろん大事ですが、式場の色々な決まりや物理的な問題についてもしっかり確認して選ぶ必要があります。会場によって親族のみの参列とされているところや参列者の人数制限があるところなどもあるので、希望する式の規模に合う会場を見つけましょう。

披露宴会場選びも楽しもう

式を終えた後の披露宴会場にもこだわりたいですね。式をホテルや結婚式場内の神殿で行う場合は披露宴会場も併設されていることが多いですが、神社で挙式を行う場合は披露宴会場についても併せて考えると良いでしょう。神社管轄の会場で披露宴を行うのであれば移動が楽な上、式に参列していない披露宴参加者にも神社の境内の雰囲気を感じてもらえるのがメリットです。一方、ホテルや結婚式場など別の場所での披露宴ではタクシーの手配など移動の大変さはありますが、一度の記念日に式と披露宴とで二つの全く違った雰囲気を味わえるのも贅沢ですね。

三重県内には、格式の高い神社が数多く点在しています。そのような神社では、三重の神社婚を挙げたいという新郎新婦の申し込みが多いです。