どうすれば喜ばれる?結婚式での料理の選び方のポイント

結婚式で提供される料理

結婚式に参加する参列者の楽しみしているものの一つに、結婚式の料理をあげる人は多いです。新郎新婦の側も、結婚式で提供する料理にこだわりを持つ人は多くいます。料理の種類は様々で、フランス料理やイタリア料理、和食に折衷料理など多種多様です。その中で、結婚式の雰囲気や気軽さなどからフランス料理や折衷料理が選ばれることが多いです。おおよその結婚式の料理の費用相場はゲスト一人当たり1万5千円程度で、この中でどれだけ工夫を凝らすことができるかがポイントといえますね。

アレルギーに配慮した料理を

結婚式で提供する料理では、メニューも非常に重要ですが、それよりも健康に配慮した料理を出すということが重要です。せっかく参列して来てくれた人の健康を損なうようなことがあっては、とても悲しい事態ですよね。そのためにも、食物アレルギーに配慮した料理を感がなければなりません。招待状にあらかじめアレルギーの有無を記してもらうほか、結婚式場側でアレルギーに配慮した料理を出してもらうことができるのかの確認をすることも忘れないようにしましょう。

年齢に配慮した料理を

結婚式に参列する人は様々です。家族として両親が参加することもあれば、祖父母が参列するほか、会社の上司が参加することもあります。新郎新婦よりも、はるかに年齢の高い人が参列することも当たり前で、それらの年齢の人々に配慮した料理を提供することも、楽しんでもらうためのコツです。高齢の人でも楽しむことができるメニューや飲み込みやすい食事などを考えるとよいです。また、年齢によっては、招待した友人の子どもも参列することがあります。幼児でも楽しんで食べることができる料理の準備も必要となります。

オリジナルメニューを取り入れられるか

結婚式の料理は、通り一辺倒なメニューではつまらないと考えている人もいるのではないでしょうか。そのような場合には、オリジナルメニューやこだわりを取り込むことができるサービスがあると嬉しいですよね。普段食べることのない高級食材を使ったメニューを一品入れるといったサービスをはじめ、地元食材を中心としたメニュー、二人の思い出のメニューを提供してくれるなどといったサービスは参列者たちに新郎新婦の人となりを伝えることにもつながります。

スタッフの対応力と演出

料理を楽しむことができる要素は、料理のメニューだけではありません。給仕してくれるスタッフの対応力や演出も大きくかかわりますよね。そのため、スタッフの人柄や口コミなどを確認して結婚式場、および料理を決めることも重要です。このほか、オープンキッチンやカッティングサービスなどといった演出があれば、料理を食べるまでの過程を楽しむことができます。

京都の結婚式場は前撮りとのセットプランが特徴です。有名な観光地をバックに撮影できるプランがあり記念に残ります。